大学ワクチン接種、21日開始は17校 文科省発表

桑原紀彦
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの大学での接種が21日からスタートするのを前に、文部科学省は、計17大学がこの日から接種を始めると18日発表した。同じ週には、さらに複数の大学が接種を開始するという。

 文科省によると、17日正午までに261校から接種の相談があり、174校が実施を申請。18日正午時点では、このうち17校が21日から始めるとしている。

 萩生田光一文科相は18日の記者会見で、学生や教職員ら自校関係者にだけ接種する方針の大学があることを問題視。地元住民や、接種態勢の整わない近隣大学の学生らにも接種をするなど、地域への貢献が今回の取り組みの「基本的な考え方」だとして、協力を求めた。21日に始める17校は、いずれも何らかの形で自校関係者以外への接種を検討しているという。

 一方、萩生田文科相は「(ワクチンによって)他人への感染がどの程度予防できるか分かっていないことが多く、(接種を受けた後も感染)対策の継続が大事」と指摘。「受ける本人の同意が必要で、周囲の圧力で強制されることがあってはならない」と述べた。

 21日から接種を始める大学は次の通り。北海道医療大▽東北大宮城県)▽慶応大東京都)▽日本大(同)▽日本体育大(同)▽湘南工科大(神奈川県)▽情報セキュリティ大学院大(同)▽松本歯科大(長野県)▽大阪大▽大阪経済法科大▽関西大(大阪府)▽近畿大(同)▽大和大(同)▽神戸市看護大▽広島大▽徳島大▽長崎国際大(桑原紀彦)