牛乳業者を営業停止処分へ 富山の食中毒 症状1千人超

竹田和博
[PR]

 富山市の保育施設と小中学校で下痢や嘔吐(おうと)などを訴えた児童らの早退や欠席が相次いだ問題で、市保健所は、共通で出された牛乳が原因の可能性が高いとみて、牛乳を出した同市内の業者に食品衛生法に基づく営業停止処分を出す方針を決めた。関係者への取材でわかった。

 市などによると、18日も体調不良を訴える児童らが相次ぎ、計1159人が早退や欠席をしたという。

 富山市保健所によると、発症者が出た保育施設と学校では、16日に給食やおやつで市内の牛乳製造業者が作った牛乳が出されたという。同社は保健所の調査に「毎日の製造と同じ手順で作業をしていた」と説明。保健所は「状況証拠から牛乳が原因の可能性が高い」として、営業停止処分を出す方針を決めたという。発症までの早さや症状から、黄色ブドウ球菌サルモネラ菌などによる食中毒の可能性が高いとみている。

牛乳の提供はとりやめに

 市は発症者の出た小中学校の給食について、来週いっぱい牛乳の提供を取りやめる。保育施設でも原因が特定できるまでの間、牛乳のほか生野菜や果物の提供を控えるという。

 18日午後2時時点の集計で、同日に症状を訴えて欠席や早退をしたのは、公立・私立の保育所など計5施設と、市立小中学校計15校の計1058人。国立の富山大付属小学校でも午後4時時点で計101人が早退や欠席をしたという。(竹田和博)