組織委の橋本会長「見たい観客いる限り、最後まで協議」

前田大輔
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会組織委員会の橋本聖子会長は18日夜、記者会見を開き、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長らが提言書で「無観客での開催が望ましい」と明記したことに関連して、「(提言では)観客を収容する場合に考慮すべき点ということも、同時に示して頂いた。他の試合が、有観客で行われているということからしても、オリンピック・パラリンピックを最後まで見たいという観客の方がいる限り、リスクをできるだけ払拭(ふっしょく)することができるようなところを最後まで探るというのも、組織委員会の仕事でもある。少しでも多くの方に観戦をして頂きたいということで、最後まで協議をしていきたい」と述べた。

 その上で「やはり非常に厳しい状況だという判断が下されれば、それは当然、お客様を入れることはできない。そういったこともしっかりと考えながら、最後まで努力していきたい」と述べた。

 橋本会長は政府、東京都、組織委、国際オリンピック委員会(IOC)など5者の代表者会議で21日、観客上限の方針を議論すると表明。「政府のイベントの上限に準じる」として、最大1万人の有観客の開催を示唆した。(前田大輔)