藤井聡太棋聖が2連勝で初防衛にあと1勝 将棋の棋聖戦

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太棋聖(18)=王位と合わせ二冠=に渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=が挑戦している第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第2局が18日、兵庫県洲本市で指され、藤井棋聖が171手で勝った。シリーズ成績を2勝0敗とし、タイトル初防衛まであと1勝と迫った。第3局は7月3日、静岡県沼津市で。

 6日の第1局を後手番で勝った藤井棋聖が、本局では先手番になった。午前9時に対局が始まると、第1局と同じ相懸(あいが)かりの戦型に進んだ。第1局は序盤早々に開戦し、激しい展開だったが、本局は互いに自陣付近に筋違(すじちが)い角(かく)を打つ、じっくりした進行に。じりじりとした中終盤戦となったが、粘る渡辺名人を藤井棋聖が振り切った。終局は午後8時3分。

 終局後、勝った藤井棋聖は「相懸かりにはしようと思っていたが、経験の無い形になり、難しかった」。「中盤で(相手の手を)軽視していて、苦しい展開が続いたと思っていた。(その後)こちらの玉が寄りづらくなって、難しくなったと思った。(序盤で)類例の無い形になり、その中でバランスをとるのが難しく、そこが課題だと思う」。タイトル初防衛については「スコアのことは意識せずに、今まで同様に盤に向かいたい」と話した。

 敗れた渡辺名人は「(中盤では)互角くらいはキープ出来ていると思って、やっていた。(終盤で藤井棋聖の攻めの手に対する)対応が難しく、本譜はちょっとずつ損していった。まず、一つ返すことを目標にやっていきたい」と話した。(佐藤圭司)