立てこもりの容疑者は40歳男 個室ブースに捜査員突入

有料会員記事

【動画】ネットカフェ立てこもり、男を逮捕 人質の女性も保護=加藤諒撮影
[PR]

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで男が20代の女性従業員を人質にして立てこもっていた事件で、埼玉県警は事件発生からおよそ33時間後の18日午後10時40分すぎ、監禁の疑いで男を現行犯逮捕した。捜査員が現場の個室ブースに突入し、身柄を確保した。個室内にいた人質の女性も保護した。女性の命に別条はないという。

 県警によると、逮捕されたのは住居不定、無職の林一貴容疑者(40)。18日午後8時ごろから捜査員の呼びかけに対する応答が途絶えたため、県警は林容疑者が眠っていると判断し、突入した。逮捕の際は無言で応じたという。県警は逮捕まで30時間以上かかった理由を「被害者の安全を最優先に考えて説得交渉をしていたため」と説明した。

 林容疑者は17日午後2時ごろから18日午後10時半ごろにかけて、大宮区桜木町1丁目のネットカフェの個室内で女性を監禁した疑いがある。「間違いありません」と容疑を認めているという。この間、金銭などの具体的な要求はなかった。

 個室ブースの広さは約3平方メートルで、鍵が付いていた。窓がなく防音構造になっており、室内の様子が確認できるカメラはついていない。立てこもっていた間も冷房は利いていたという。個室にトイレはついておらず、事件発生以降、林容疑者も女性もトイレには行っていなかったという。

 県警によると、林容疑者は1…

この記事は有料会員記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。