山陽新幹線が一時運行見合わせ 沿線のガス漏れが影響

神野勇人、前田健汰
[PR]

 山陽新幹線は19日午前9時45分ごろから、沿線でのガス漏れのため、一部区間で運行を見合わせていたが、午後0時45分に運転を再開した。

 JR西日本によると、午前11時30分時点で広島―小倉間の上下線が止まっている。徳山駅(山口県周南市)付近の沿線の道路工事で、ガス漏れが発生したという。

 山口県警周南署によると、19日午前8時50分ごろ、徳山駅近くの周南市入船町の県道の歩道で工事中にガス管が破損したという。現場付近を通行止めしているほか、付近の住民には窓を開けないよう呼びかけている。(神野勇人、前田健汰)