岩手県のワクチン集団接種始まる「思ったよりスムーズ」

新型コロナウイルス

中山直樹
[PR]

 県が運営する新型コロナウイルスワクチンの集団接種が19日、滝沢市の県立大体育館で始まった。7月末までに高齢者1万5千人の接種をめざすという。

 会場となった県立大体育館には、午後2時の受け付け開始前から、事前に予約した高齢者が列を作った。540人の予約枠は予約開始から約7時間後に全て埋まったという。盛岡市から来た男性(67)は接種後、「思ったより時間がかからず、スムーズに終わってよかった。自治体の接種はまだ始まっていないので助かる」と話した。

 県は今後、県央会場として県立大のほか岩手産業文化センター(滝沢市)で、県南会場として江刺西体育館(奥州市)で、集団接種を実施する。7月末までの土日に行い、予約は実施する週の火曜日午後1時から受け付ける。対象は県内に住む65歳以上の高齢者全てだが、1回目に自治体の個別接種を受けた人は、2回目として利用することはできない。

 予約方法について、県は当初インターネットからしか受け付けていなかったが、高齢者のなかにはパソコンやスマホを持っていない人や、操作に不慣れな人も多いことから、22日午後1時から電話での予約も始める。専用コールセンター(0570・200・779)は土日祝日を含む午前9時~午後6時。(中山直樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]