ウガンダ選手団、大阪に 練習は当面控えてもらう方針

西江拓矢、井上正一郎
[PR]

 東京五輪に参加する東アフリカ・ウガンダの選手団8人が20日午前、事前合宿のため、ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着した。9人がドーハ経由で19日夕に成田空港に着いたが、うち1人が空港でのPCR検査で新型コロナウイルスの陽性と判明。この1人を除く8人が成田空港から、貸し切りバスで泉佐野市へ移動した。

 午前9時半ごろ、バスが同市内の宿泊先のホテルに到着した。8人の選手団は国旗などを持ちながら降り、ホテルの前に並んだ。市職員らに拍手で迎えられ、笑顔で手を振ってこたえていた。

 選手団は、ボクシング、重量挙げ、水泳の選手、コーチら。同市によると、受け入れ期間は7月19日まで。新型コロナ感染防止のため、選手らの移動は、ホテルと練習会場に限られる。市では、市民との直接の交流を中止した。

 市では、8人についても当面、練習を控えてもらうという。千代松大耕市長は「残念ながら選手団から1名の陽性者が出てしまった」とした上で、8人について「毎日のPCR検査など十分な感染防止策を徹底したうえで、無事に大会に送り出せるようにホストタウンとしての役割をしっかりと果たしたい」とのコメントを出した。(西江拓矢、井上正一郎)