立てこもり容疑の男、前日も来店 身柄確保時、左手に傷

[PR]

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで男が20代の従業員の女性を人質にして32時間余り立てこもった事件で、埼玉県警は20日午前、住居不定、無職林一貴容疑者(40)を逮捕監禁致傷容疑で送検した。

 県警は林容疑者を監禁容疑で18日夜に現行犯逮捕したが、女性がけがをしていることが確認されたため、容疑を切り替えた。

 県警によると、林容疑者は17日午後2時25分ごろ、雑居ビル7階のネットカフェ店内で、女性に「個室内のものが壊れたので来てほしい」などと声をかけた。その後、個室ブース内に女性を招き入れて首をつかんで引き倒すなどし、18日午後10時35分ごろまで監禁。首などに全治2週間のけがを負わせた疑いがある。

 林容疑者は事件前日にもこの店を訪れていたことが県警への取材で新たにわかった。林容疑者は16日午後8時ごろに店に入り、17日午前8時に一度精算して退店したという。その2時間後の午前10時に再び来店したという。

 立てこもりの最中に県警が林容疑者らに食料を届けた際の状況もわかってきた。

 18日昼前に林容疑者から「甘いものがほしい」との要求があり、県警は2人分のパンとペットボトルのお茶を届けた。この際、林容疑者は個室の扉を開けることは拒否し、扉の中央付近の不透明のアクリル板のような部分に穴を開けるよう求めた。県警はここに約10センチ四方の穴を開けて、林容疑者と女性にそれぞれ渡したという。

 個室内にはカッターナイフなど複数の凶器があったことも判明した。県警は女性を脅すために使ったとみている。林容疑者は身柄を確保された際、左手の指に刃物でできたとみられる傷があったといい、県警は林容疑者が自ら傷つけたとみている。

 また、横浜市南区のラブホテルで今月13日朝、風俗店従業員の女性(22)が男に現金約32万円を奪われる強盗事件があり、この現場に残されていた指紋が林容疑者のものと一致したことが捜査関係者への取材でわかった。