ギフト券を大量購入…理由尋ねると「2億円受け取れる」

奈良美里
[PR]

 特殊詐欺の被害を防いだとして、盛岡東署は、盛岡市上田3丁目のセブンイレブン岩手大学前店の藤本ハイネル店長(30)に感謝状を贈った。

 署によると、同店に4月22日午後11時ごろ、80代の男性が訪れ、電子ギフト券5万円分を購入。さらに10万円分を購入しようとした。店員が理由を尋ねると、「ギフト券で手数料を払えば2億円を受け取れる」と答えたため不審に思い、藤本店長らと相談して、警察に通報。詐欺と判明した。

 県警によると、今年1~5月の特殊詐欺被害の認知件数は17件、被害額は計約1400万円に上る。このためコンビニに加え、理容店などと連携して注意を呼びかけているという。(奈良美里)