井上尚弥が3回TKO勝ち 「早い回にいけると確信」

[PR]

 ボクシングの世界ボクシング協会(WBA)スーパー、国際ボクシング連盟(IBF)世界バンタム級王者井上尚弥(28=大橋)が19日(日本時間20日)、IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦を米ラスベガスで行い、3度のダウンを奪って3回TKO勝ちした。

 井上は2回に左のボディーブローで最初のダウンを奪うと、3回2分過ぎに同じ左ボディーでダウンを奪った。さらに、この回終了間際に再び、ダスマリナスの左ボディーに強打を突き刺し、3度目のダウン。レフェリーが試合を止めた。

 試合後、現地のインタビューを受けた井上は、「ボディーでも顔でもどちらでも倒せる準備をしてきた。今夜はボディーを出せてよかった」と話した。試合展開について、「1回に相手の出方を見て、早い回にいけると確信を持てた」と振り返った。

 現地では、8月にWBC(世界ボクシング評議会)同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)とWBO(世界ボクシング機構)同級王者ジョンリール・カシメロ(同)の試合が決まったとの報道があった。

 井上は、「ドネア対カシメロ戦の勝者と戦えることがうれしい。よりドラマチックな相手はドネアですね」と話し、2019年11月のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)決勝に続くドネアとの再戦を望んだ。