フリーランス、直面したCD不況 続けたい、選んだのは

有料会員記事

岩沢志気
[PR]

 石原美里さん(33)=東京都葛飾区=はミュージシャンなどのCDジャケットや宣伝素材を得意とするデザイナーだ。これまで、誰もが耳にしたことがあるような人気バンドやアイドルなどを手がけてきた。デザインに必要な素材を集め、専用ソフトが入ったPCを使って作業を進める。

 ただ、これは石原さんの仕事の一部に過ぎない。

 例えば、CDジャケットの制作の場合、撮影日が決まるとスタジオを予約し、アーティストのイメージと予算を考えてカメラマンやメイクを手配する。現場に足を運び、撮影イメージにも注文を出す。

 事前の準備も含め、プロデューサー的な役割を担うこともあるのだ。今夏にリリースを予定するCDアルバムでも、約2カ月かけてこうした作業をする予定だという。

 石原さんは「私、お弁当の手配もけっこう得意なんですよ。アレルギーの確認なんかもしますよ」と笑う。

 様々な作業工程や気遣いが求められる仕事だが、実は、石原さんにとってこの仕事は「副業」。本業は都内のIT企業の正社員だ。

記事の後半では、石原さんが仕事を掛け持ちすることに至った経緯や、会社の社長が副業についてどう考えているのかについて触れています。

 仕事をするうえで、誰しもが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。