自律自走が必須? doda編集長に聞く副業向き不向き

有料会員記事

聞き手、構成・岩沢志気
[PR]

 コロナ禍をきっかけに働く人からも企業からも副業への関心が高まっている。一方で、政府が副業を勧めだしたのもここ数年のことで、情報は多くない。転職サービス「doda(デューダ)」の喜多恭子編集長に、副業に向く人材の特徴や企業側の課題について尋ねた。

 ――副業への関心は高まっているようです。理由をどう分析しますか。

 「最近、dodaの検索ワードのランキングでも顕著な伸びを示しています。理由は二つあります。まずはコロナの影響で、残業の抑制や出勤の停止などが相次ぎました。その結果、収入を確保しようという動機が生まれています」

 「もう一つが『スキルアップ』ですね。今後の自分のキャリアを考えて、業務の幅を広げておきたいというものです」

 ――スキルアップをめざしたいという理由の背景にあるものは何でしょうか。

 「コロナを境に中途採用マーケットの潮目が変わり、経験者を採用したいという意向が優勢になっています。なので、仕事の幅を広げたり、実務経験を増やしたりする観点から副業にチャレンジする人が増えています」

 「また、私たちも含め、マスメディアなどから『働き方が変わる』『ジョブ型が増える』といった情報が多く流れました。その結果、自身のスキルの陳腐化について考える人が増え、1社よりも複数社でキャリアを積んで、やりたいことを実現したいという価値観も浸透しつつあります」

 ――中途採用は、より実務経験豊富な人材が求められているということですか。

 「はい。実務経験がある方だとか、業種もしくは職種いずれかの経験があり、例えばリモートワークでいきなり仕事を求められたとしても『自律自走』できる方が求められています」

 「また、デジタル化が進む中で若い方は、生まれてくる職種や減っていく職種といったような概念を就職活動を通じて持っています。自分のキャリアをアピールすることを比較的当たり前と捉える人も増えていて、スキルの幅を広げるためにトライする方も多いです」

 ――副業が本業の同心円上にあるスキルでも、1社で獲得できるスキルより複数社で仕事をした方が獲得できるものは深くなるのでしょうか。

副業といっても途中で挫折することもあるようです。でも、喜多さんは「むしろ、良いこと」と言います。その理由などについて記事後半では聞いています。

 「副業が実務経験となり、キャリアチェンジできるかというと、まれですね。副業を何個かすることが『本当に経験となった』とは、言いがたいというのが実態だと思います」

 ――では、副業で得られる「経験」とはなんでしょうか。

 「今まで自身がやっていたこ…

この記事は有料会員記事です。残り2364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。