大阪の百貨店や映画館、土日再開へ 動物園は2カ月ぶり

有料会員記事

[PR]

 緊急事態宣言の期間が20日で終了することを受け、大阪の主な商業施設や映画館などでは平日に加えて土、日曜の営業も再開する方向だ。ただ、新型コロナウイルス対策を踏まえ、営業時間の短縮などが続く。

 阪急阪神百貨店は「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」(いずれも大阪市)などで26日から土日も全館営業を再開する。土日は食料品や化粧品売り場、レストランなど以外は休業していた。大丸松坂屋百貨店心斎橋店や梅田店(同)、高島屋の大阪店をはじめとした大阪府内の店舗も同様の対応をとる。

 JR大阪駅に直結する大型複合施設「グランフロント大阪」も一部を除いて土日の営業を再開する。近くの地下街「ホワイティうめだ」も土日を含めて営業を再開。酒類の提供は店舗ごとに対応するという。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)も26日から土日の営業を再開する。今月1日から平日のみ入場者を5千人に絞って営業を再開していた。土日も同様の人数制限を設ける予定という。

 営業時間は、6月の平日は午前10時~午後6時で、26、27日は午前9時~午後6時。7月は1~16日の平日は午前10時~午後7時で、土日祝日と19日以降の平日は午前9時~午後7時とするという。

 月、火、金曜に限って営業してきたひらかたパーク大阪府枚方市)も、26日からの土日営業を再開。入園者数の上限は5千人とし、オンラインチケットサイトで日付指定券を販売する。水、木曜と28日~7月2日は休園する。

 4月24日から休園していた天王寺動物園大阪市天王寺区)は、22日から約2カ月ぶりに営業を再開する。土日祝日の入園は当面、原則インターネットでの予約制とし、1日8千人ほどに制限する。感染対策のため、動物とのふれあい体験など一部のイベントは中止する。年間パスポートの期限は休園期間に合わせて延長するという。

 TOHOシネマズやティ・ジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。