独自

千葉の女性遺体、殺人容疑で男逮捕へ SNSで会う約束

[PR]

 千葉県袖ケ浦市で5月、刺し傷がある女性の遺体が見つかった事件があり、県警は21日にも、横浜市緑区寺山町、カラオケ店アルバイト夏見翔太容疑者(23)=神奈川県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕=を殺人容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、夏見容疑者は5月7日、袖ケ浦市蔵波の竹林で、同市蔵波台、美容師見習の中込愛美(あみ)さん(当時19)を刃物のようなもので刺して殺害した疑いがある。夏見容疑者の自宅からは、血液のようなものが付いた刃物が見つかったという。

 2人はインターネットを通じて知り合ったとみられ、SNSで事件当日に会う約束をしていたことが確認されたという。

 遺体は5月12日に発見され、司法解剖の結果、遺体の刺し傷は深さ10センチ以上だったことが確認された。死因は出血性ショックの可能性があるが、特定に至っていない。現場から凶器とみられる刃物が見つからないことなどから、県警は殺人事件とみて捜査していた。

 捜査関係者によると、夏見容疑者は、事件翌日の5月8日夜、横浜市緑区の公園トイレ内で東北地方在住の10代後半の少女に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反容疑で今月逮捕されていた。少女とはSNSで知り合ったとみられ、連絡を取り合っていたという。