河野担当相がワクチン接種 国家公務員の職域接種始まる

有料会員記事新型コロナウイルス

坂本純也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種の調整を担う河野太郎行政改革相は21日午前、東京・霞が関の旧文部省庁舎で、自らもワクチンを接種した。同日始まった霞が関などで勤務する国家公務員の職域接種に合わせて、国家公務員制度担当相として参加した。

 河野氏は、接種しやすいようにかりゆしウェアを着用。接種後、報道陣に「痛いこともなく無事終わった。特に異常もない」と説明。「接種完了」と書かれたマスクもつけ、「このマスクが今日からようやくできる」と語った。

 企業や大学などによる職域接種が21日から本格的に始まった。国家公務員霞が関に勤務する職員1万数千人と、成田空港羽田空港で働く職員約6千人が対象。

 河野氏はワクチン接種の加速…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]