女性選手を盗撮し動画30本販売 名誉毀損容疑で初逮捕

有料会員記事

石垣明真
[PR]

 元女子バレーボール選手の盗撮動画をアダルト動画サイトで販売して名誉を傷つけたとして、千葉県警は21日、同県市川市福栄2丁目、会社員石上浩志容疑者(57)を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。県警によると、女性アスリートの盗撮動画をめぐって、名誉毀損容疑で立件したのは全国初としている。

 サイバー犯罪対策課によると、石上容疑者は2018年11月20日、赤外線カメラで盗撮したとみられる、20代の元女子バレーボール選手の顔のほか、服が透けて下着の見える約8分間の動画を、アダルト動画販売サイトで1200円で販売。今年3月10日まで不特定多数が閲覧出来る状態にして、女性選手の名誉を毀損した疑いがある。動画は、試合前の準備運動と試合中の動画をつなぎ合わせていた。捜査員のサイバーパトロールで動画を把握したという。

 石上容疑者は同じサイトを使って、バレーボールなどの競技の女性アスリートの盗撮動画を約30本販売していたという。県警は、石上容疑者が15年以降、このサイト以外も合わせ計約600万円の収入を得ていたとみて調べる。

 県警では「同種事案の摘発により、アスリートが一人ひとり安心して競技出来るように警鐘を鳴らす意義がある」としている。(石垣明真)

選手への性的ハラスメント、どうなくすか

 競技中の女性選手を撮影した動画をめぐり、千葉県警が名誉毀損(きそん)の疑いで容疑者の逮捕に踏み切った。

 警視庁も5月、テレビで放映…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。