立てこもった容疑者、動機「言いたくない」 鍵穴に細工

ネットカフェ立てこもり、男を逮捕 人質の女性も保護
[PR]

 さいたま市大宮区のインターネットカフェの立てこもり事件で、逮捕監禁致傷容疑で送検された住居不定、無職林一貴容疑者(40)が埼玉県警の調べに、動機などは「言いたくない」と話し、説明を拒んでいることが捜査関係者への取材でわかった。現場からはカッターナイフなど複数の凶器が見つかるなどしており、県警は計画的に事件を起こした疑いもあるとみて調べている。

 県警は発生から32時間余りがたった18日午後10時半すぎ、現場の個室ブースに突入し、林容疑者を監禁容疑で現行犯逮捕。人質の女性従業員を保護した。

 捜査関係者によると、逮捕時の所持金は数百円で、複数のネットカフェの会員証を持っていたという。林容疑者は逮捕に無言で応じ、その後の取り調べに容疑を認めたが、動機や目的などについては「言いたくない」などと話したり、黙り込んだりしているという。

 個室の扉の鍵穴には詰め物で細工がされており、個室内からは複数の凶器が見つかっている。県警は林容疑者が監禁する目的でこれらを準備していた可能性があるとみている。一方、立てこもっている間に食料以外の具体的な要求はなく、県警は詳しい動機の解明を進めている。