「教師からのバトン」を文科省へ 現場の苦しみを直談判

有料会員記事

伊藤和行
[PR]

 文部科学省が3月、教員の魅力を高めようとSNSで始めた「#教師のバトン」プロジェクトに対し、教育現場から多くの批判が起きた。現役教員4人が21日、これらの声を書き込んだ本物のバトンを「教師からのバトン」として同省職員に手渡し、「的外れな施策ではなく、多忙化の実態を直視してほしい」と訴えた。

 4人は愛知、静岡、三重で小中学、高校、特別支援学校の教員を務める30~40代の男性。21日午前、東京・永田町の衆院議員会館で、長さ約30センチ、直径約3センチの赤、青、黄、緑色のバトン4本を文科省の担当者に手渡した。バトンには、「健康も家庭も犠牲にしてきましたが、もう限界」、「人員を増やすか、残業代を下さい」などと、「#教師のバトン」に対してわき上がった教員の窮状を訴える声が書かれている。

 発案した愛知県一宮市の小学校教諭、加藤豊裕(あつひろ)さん(42)は「子どもの成長に携わる教師の仕事は言われなくても十分魅力がある。文科省がすべきは、教員がそう思えなくなっている多忙化の現実を変えることだ」と話す。

「教員の自助努力だけでは限界」

 同プロジェクトを知った時、加藤さんは「炎上する」と直感したという。文科省働き方改革や教員確保に取り組もうとしていることは理解するが、その方法が「教職の魅力向上のための広報の充実」では、あまりにも現場の実態を直視していないと感じたという。

 教育現場の多忙化は、プログ…

この記事は有料会員記事です。残り274文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら