近鉄の名古屋支社が61年で幕 東海の広報拠点

[PR]

 近鉄グループホールディングスは18日付で名古屋支社(名古屋市中村区)を廃止した。コロナ禍で本業の鉄道を中心に売り上げが落ち込んでおり、業務見直しの一環として、廃止を決めた。

 同支社は1960年に開設し、東海地区におけるグループの広報の拠点となってきた。廃止時点で支社長を含む4人体制だった。今後は、鉄道事業を担う近鉄名古屋統括部(三重県四日市市)に広報の拠点を移すという。グループの拠点は、大阪本社、東京支社、台北支社の3カ所となった。