菅首相、緊急事態宣言なら五輪「無観客も辞さない」

新型コロナウイルス

[PR]

 菅義偉首相は21日、新型コロナ対応の緊急事態宣言が出ている場合の東京五輪パラリンピックの観客のあり方について、「安全・安心のために無観客も辞さない」と述べた。東京・虎ノ門の職域接種会場を視察後、記者団の取材に答えた。

 首相は、記者団から緊急事態宣言や、現在10都道府県に適用されている「まん延防止等重点措置」が延長した場合に、東京大会を無観客とする可能性について問われ、「緊急事態宣言のときは、そうしたことは十分にあり得る。安全・安心を最優先にやるというのは当然のことだ」と話した。一方、重点措置が延長された場合の対応は明らかにしなかった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]