「感染悪化なら無観客、中止検討を」 都医師会が意見書

有料会員記事

池上桃子
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、東京都医師会や都内の地区医師会、大学医師会は、大会による新型コロナウイルスの感染拡大や、通常医療の圧迫を避けることを開催の必須条件とするよう求める意見書を、大会組織委員会の会長らに提出した。感染状況次第では、無観客開催や大会中止を検討することも求めている。

 意見書は18日付で、組織委の橋本聖子会長、田村憲久・厚生労働相、丸川珠代・五輪相、東京都小池百合子知事宛てに送付された。

 意見書は、オリ・パラについて「スポーツを通じて全世界の人々に夢と希望を与える祭典」とする一方、コロナの感染が「収束への行程は不確実で、現時点で我が国において十分にコントロールされた状況とは言えない」と指摘。大会期間中や大会後に都内で感染者が増加し、通常医療に負担がかかれば、「医療状況が逼迫(ひっぱく)するばかりでなく、全国に感染を広げてしまう」とした。

 その上で、大会開催の必須条件として「大会の開催を契機に感染が拡大しないこと」「大会を開催することによって通常医療が圧迫されないこと」の2点を挙げた。これらの条件を守るため、無観客での開催も含めた具体的な方策を示すことを要望。有観客で大会を始めた場合でも、感染状況次第で無観客への切り替えや大会中止を検討するよう求めた。

 また、都医師会は21日、都…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。