美浜原発3号、23日再稼働 住民は差し止め仮処分申請

有料会員記事

[PR]

 関西電力は、運転開始から40年を超える老朽原発の美浜原発3号機(福井県美浜町)を23日に再稼働する予定だ。稼働すれば、2011年の東京電力福島第一原発事故後、40年超の原発の運転は国内で初めて。

 関電によると原子炉内で核分裂の反応を抑える制御棒を引き抜き、23日に原子炉を起動する予定。順調に進めば24日にも核分裂が安定して続く「臨界」に達し、29日に発送電を始める。調整運転をしながら出力を上げ、7月27日に本格運転を始める予定だ。

 ただ、新規制基準で義務づけられたテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重)の設置が、期限の10月25日に間に合わない見通しで、この日以降は運転を止める必要があり、稼働期間は長くて約4カ月間になる。

 美浜3号は11年5月の定期…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。