ワクチン集団接種会場の職員1人が陽性に 那覇市

新型コロナウイルス

山田佳奈
[PR]

 那覇市は21日、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン集団接種に従事した市職員1人に、ウイルス陽性が判明したと発表した。接種を受けた市民とはほとんど接触がなく、市民は濃厚接触者や接触者にはあたらないという。

 陽性が判明したのは福祉部の20代男性職員。17日に集団接種会場の「牧志駅前ほしぞら公民館」の入り口で検温の見守りや予診票を入れるバインダーを手渡すなどした。翌18日に発熱し、PCR検査の結果、19日に陽性が判明した。

 職員が集団接種に携わったのは17日だけ。この日に同会場でワクチン接種を受けた186人との接触は数秒程度とみられ、濃厚接触などにはあたらないという。

 市は、この日に接種を受けた186人全員に電話や郵便で経緯などを説明する。(山田佳奈)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]