新500円玉、造幣局で製造開始 出回るのは11月から

有料会員記事

吉田貴司
【動画】新500円硬貨が製造開始=加藤諒撮影
[PR]

 11月に発行される新しい500円硬貨の製造が21日、造幣局さいたま支局(さいたま市)で始まった。デザインと仕様の変更は2000年以来21年ぶりで、「3代目」となる。来年3月末までに2億枚が発行される予定だ。

 同支局で21日午後開かれた打ち初め式には、麻生太郎財務相らが出席。硬貨のプレス機のスイッチを入れると、新しい模様が刻印された新硬貨が次々と出てきた。2代目の500円玉はニッケル黄銅が使われていたが、3代目では新たに白銅と銅も加え、2色3層の構造。記念ではない通常硬貨で2色の硬貨がつくられるのは初めてだ。縁に刻まれるギザギザの間隔を部分的に変えるなど新たな偽造防止技術を用いている。

 麻生氏は「コストが少々高くなっているのは確かだが、偽造がされない安心感が持てる通貨の存在はきわめて大きい」と強調した。

 3月時点の500円玉の流通…

この記事は有料会員記事です。残り175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。