女性殺人事件で男を逮捕 SNSで「殺してあげますよ」

有料会員記事

[PR]

 千葉県袖ケ浦市で5月、刺し傷がある女性の遺体が見つかった事件で、県警は21日、横浜市緑区寺山町、アルバイト夏見翔太容疑者(23)を殺人容疑で逮捕し、発表した。女性を刺したことは認めたうえで、殺意を否認しているという。

 逮捕容疑は、5月7日ごろ、袖ケ浦市蔵波の竹林内で、近くに住む美容師見習の中込愛美(あみ)さん(当時19)を刃物のようなもので突き刺すなどして殺害したというもの。

 捜査関係者によると、夏見容疑者の自宅からは、血液のようなものが付着した包丁が見つかっており、県警は事件で使われた凶器とみて鑑定を進めている。

 2人はSNSを通じて知り合ったとみられ、夏見容疑者が中込さんにSNSで「殺してあげますよ」などとメッセージを送っていた。事件当日に会う約束をしていたといい、初対面だったとみられる。

 また、事件当日の現場付近の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。