政治の歌、タブー視の日本 斉藤和義は歌う、飄々と

有料会員記事

定塚遼
[PR]

コロナ禍歌う新作 政府の対応皮肉る

 「真面目な顔で誇らしげに マスクを二枚配る人」「イライラ募らせた人は 鬱憤(うっぷん)をネットにぶちまけて 相変わらずの汚い言葉で それぞれの正義を振りかざす」

 斉藤和義は、今年3月に発売したアルバム「55 STONES」に収録された、8分以上にのぼる楽曲「2020 DIARY」で、痛烈な国や社会への怒りを歌った。現在、この新作を携えて全国ツアーを回っている。かつて原発を批判する歌を作るなど、日本のミュージシャンとしては異例のスタンスを貫き、たびたび社会へのメッセージを発してきた斉藤は、今の世の中に何を思うのか。

写真・図版
斉藤和義=山田秀隆撮影

 最初の緊急事態宣言が出た昨年4月、斉藤は自宅のガレージで木材を切って、やすりをかけ、何台もギターを作っていた。初めて音が鳴った感動は、「少年に戻ったかのようだった」という。

「マスクの裏側」 今とつながるYMOの曲

 音楽を始めたころの初期衝動を思い出すうちに、だんだんと曲ができはじめた。

 「会社員のように、規則正し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。