EU、対ベラルーシ経済制裁へ 基幹産業の取引狙い撃ち

有料会員記事

ブリュッセル=青田秀樹、モスクワ=喜田尚
[PR]

 欧州連合(EU)は21日、外相理事会を開き、反政権派への弾圧が続くベラルーシの基幹産業を標的にした経済制裁を科す方針を確認した。制裁はこれまで個人対象のEUへの渡航禁止や域内の資産凍結などに限られてきたが、5月の民間機強制着陸事件で対応を強化。経済に打撃を与え、ルカシェンコ政権に政策の転換を迫る構えだ。

 今回の経済制裁カリウム肥料を念頭に置く。2020年のベラルーシの輸出高は約24億ドル(約2600億円)。世界有数とされるベラルーシ国営企業とEU内の企業との取引を制限したい考えだ。

 EU加盟国が輸入するのはベラルーシの輸出の約8%だが、他地域へも含めたその輸出の多くはEU加盟国に挟まれたバルト海を経由する。ボレル外交安全保障上級代表はAFP通信に「コントロールするのは簡単だ」と話した。

 ベラルーシ当局は5月、上空を通過中のアイルランドの民間航空機を首都ミンスクの空港に緊急着陸させ、搭乗していた自国の反政権派ジャーナリストを拘束した。EUは「国家によるハイジャック」とみなす。これまでの個人対象の制裁では政権を動かす効果は限定的だったことから、基幹産業を標的にして圧力を強める。

 ボレル氏は、ほかにロシアか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。