50キロ競歩の鈴木が五輪辞退 コンディション不良で 

[PR]

 日本陸連は22日、東京オリンピック(五輪)の男子50キロ競歩の代表に内定していた鈴木雄介(富士通)が、コンディション不良を理由に出場を辞退したことを明らかにした。代わりに補欠の勝木隼人(かつきはやと)(自衛隊)が代表になる。

 鈴木は一昨年のドーハ世界選手権の50キロ競歩で優勝。競歩種目では五輪、世界選手権を通じて日本選手初の金メダルだった。しかし、酷暑の中のレースでなかなか体調が回復せず、所属の富士通によると今春には練習を再開したが、高い負荷のトレーニングが難しく、内定辞退の決断をしたという。

 鈴木は富士通を通じて「東京オリンピックでは金メダルを獲得することを強く望んで練習に取り組んできました。しかし、自分が望む結果を得るための状態まで仕上げていくことは困難と判断し、今般の決断に至りました」とコメントした。

 来年、米国で開催される世界選手権では50キロ競歩は実施されないが、前回大会優勝者として35キロ競歩への出場権を得ている。