金与正氏、バイデン政権に警告「誤った期待は失望に…」

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の実妹、金与正(キムヨジョン)・朝鮮労働党副部長は22日に発表した談話で、米バイデン政権に対し、「誤った期待は、さらに自らを大きな失望に陥れることになる」と警告した。朝鮮中央通信が22日に報じた。

 米国との関係で、正恩氏は17日に「対話にも対決にも準備しなければならない」と述べ、対話の可能性を示唆した。これを受け、サリバン米大統領補佐官は20日、「興味深いシグナルだ」との見方を示した。与正氏の談話は、サリバン氏の発言へのメッセージとして出された。

 同通信によると、与正氏は、自分に都合のよい解釈をすることを意味する北朝鮮のことわざを挙げ、「米国は自らを慰めるように占っているようだ」と語った。

 米政権は北朝鮮政策を見直し…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。