将棋の藤井聡太二冠、叡王戦・挑戦者決定戦進出決める

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が22日、第6期叡王戦(不二家主催)の本戦トーナメント準決勝で丸山忠久九段(50)に87手で勝ち、挑戦者決定戦進出を決めた。26日に斎藤慎太郎八段(28)と対戦し、勝者が、豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=と五番勝負を戦う。

 対局は東京都渋谷区で行われた。丸山九段の得意戦法である「一手損角換わり」に対して、藤井二冠はうまく戦機を捉えて押し切った。昨年7月の竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメントで丸山九段に敗れており、藤井二冠はその時の雪辱を果たした。

 斎藤八段は、今春の第79期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)で挑戦者になったトップ棋士。藤井二冠と斎藤八段のこれまでの対戦成績は、藤井二冠の3勝2敗。

 今月から始まった棋聖戦五番勝負で2連勝中の藤井二冠は、29日に豊島叡王の挑戦を受ける王位戦の防衛戦開幕も控えている。叡王戦で挑戦者になれば、三冠となる可能性もある。村瀬信也