五輪スポンサー、特別にパトカーに乗せ写真 記者が目撃

有料会員記事

三浦英之
[PR]

 岩手県北上市で18日に行われた東京五輪聖火リレーで、岩手県警の警察官が、スポンサーである日本コカ・コーラ社の関係者から東京五輪特製グッズを受け取った後、関係者をリレーを先導するパトカーの運転席に座らせ、写真撮影をさせていた。朝日新聞記者が現場で目撃し、動画を撮影した。

 県警は「聖火リレー警備に関わるパトカーの運転席にスポンサーの関係者を乗車させたことは間違いない」「不特定多数の方に配布されるスポンサーのタオルを受領したことも間違いない」と事実関係を認めている。

 現場は、北上市聖火リレーの出発地点だったJR北上駅前。リレーの出発前で、駅前通りは交通規制され、先導するパトカーやスポンサーの関係車両など数十台が並んで公道上に待機していた。

記事後半にパトカーで記念撮影する様子を撮った動画があります。

 午後0時47分、停車中のパ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。