改ざん「佐川元局長が直接指示」赤木ファイル、国が開示

有料会員記事

米田優人、森下裕介
[PR]

 学校法人森友学園大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記した「赤木ファイル」が22日、妻・雅子さん(50)側に開示された。改ざんをめぐり、佐川宣寿(のぶひさ)・元同省理財局長から、国会答弁を踏まえて決裁文書を修正するよう直接指示されたとするメールが、同省から近財へ送られていた。

 ファイルは518ページ。22日午前、雅子さんの代理人弁護士の事務所に郵送で届いた。幹部ではない職員の名前やメールアドレス、添付ファイルのパスワードなどがマスキング(黒塗り)されて開示された。

 俊夫さんが書き残した「備忘記録」には、同省から「相手方(森友)に厚遇したと受け取られるおそれのある部分は削除」するよう指示されたが、厚遇した事実はなく、強く抗議したなどと記載。同省側から「理財局が全責任を負う」「(近財局長の)責任で対応する」と説明されたが「納得できず」とし、「備忘として、修正等の作業過程を下記の通り記録しておく」と記されていた。

 ファイルには、本省係長ら担…

この記事は有料会員記事です。残り609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。