比大統領「ワクチン打つか投獄か」 接種進まずいら立ち

新型コロナウイルス

バンコク=貝瀬秋彦
[PR]

 フィリピンドゥテルテ大統領は21日夜のテレビ演説で、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒む国民に対し、「ワクチンを打つか、投獄されるかを選ぶことになる」と発言した。接種がなかなか進まないことへのいら立ちが背景にあるとみられる。

 フィリピンの累計の感染者数は21日時点で130万人超、死者は2万3千人を超えている。政府は年末までに7千万人へのワクチン接種を目指しているが、20日時点で2度の接種を終えたのは210万人超にとどまっている。

 ドゥテルテ氏は演説で「政府の言うことを聞かない国民に憤慨している」とも述べたが、ロイター通信によると、保健当局はこれより前に接種は任意だとの見解を示していたという。(バンコク=貝瀬秋彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]