平井大臣の「脅し」音声、約3分 内閣官房が異例の公開

中島嘉克、松浦新
【動画】公開された平井卓也デジタル改革相の会議での発言
[PR]

 東京五輪パラリンピック向けアプリの事業費削減をめぐり、平井卓也デジタル改革相が請負先企業のNECについて「脅しておいた方がよい」などと指示していた問題で、内閣官房IT総合戦略室は22日、発言があった会議の音声を報道各社に公開した。平井氏は「全てオープンにしたい」と語っていたが、公開した音声は、約30分間の会議のうちの3分間のみだった。

 IT室が公開したのは、4月7日にあった定例会議の音声。平井氏のほか幹部ら4人が対面で出席し、20~30人がオンラインで参加していた。会議の音声は全体で約30分あったというが、公開したのは朝日新聞が報道したやりとりを含む約3分の部分だけだった。

 音声には、「NECには死んでも発注しない」「象徴的に干すところを作らないと、なめられちゃうからね」といった平井氏の発言に続く形で、これまで報道されていなかった「だってごみ箱に捨てるようなものには金払えないでしょう」「戦わないと、やられちゃうよ」といった平井氏の発言が含まれている。

 IT室の担当者は、これらの発言について「大臣自身の真意が伝わるのではないか」と説明したが、その意図については「大臣に確認してほしい」と述べるにとどめた。(中島嘉克、松浦新