出会いをえさに投資詐欺か 夢語られ3千万円失った男性

有料会員記事

大野晴香
[PR]

 投資詐欺の相談が後を絶たない。この1年は国民生活センターなどへの相談件数が急増。SNSやマッチングアプリを通じた海外FX投資詐欺に関するものが多いといい、注意を呼びかけている。愛知県弁護士会は24日に無料電話相談をすることを決めた。

 「理想的な男性」「コロナが終わって好転したら一緒に北欧ノルウェーに遊びに行きたいです」

 愛知県内に住む60代の男性のもとに3月ごろ、こんなメッセージが届いた。相手は出会い系アプリを通じて知り合った台湾在住という女性だった。

 男性は数年前、専門学校講師の仕事を退職した。90代の父と2人で暮らしており、余生をともに過ごすパートナーを探したいと今年2月、アプリに登録。連絡を取ってきたのが、この女性だった。

 アプリは、メッセージを送るごとに男性側に課金される仕組み。何度かやり取りした後、女性側から「もし良ければLINEでやり取りしないか」と切り出してきたという。以後やり取りはLINEで続いた。

 女性は、新型コロナウイルスの影響で経営している美容室の収入が落ち、FXで稼いでいると説明した。男性に対し「いつか一緒に旅行して遊ぼう」といった夢を語り、そのためにFXで資金を稼ぐよう、さりげなく男性に勧めた。

 「(米国の)ウォールストリ…

この記事は有料会員記事です。残り912文字有料会員になると続きをお読みいただけます。