EU、グーグルの広告配信を本格調査 競争法違反の疑い

有料会員記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 欧州連合(EU)の行政府・欧州委員会は22日、米グーグルが提供する広告配信の仕組みが広告主やウェブ制作者らに不利な状態にあり、競争法に違反している疑いがあるとして、本格調査に乗り出すと発表した。広告事業はグーグルの中核で、違反が認められれば巨額の制裁金につながる可能性がある。

 欧州委は発表文で、グーグルが、オンライン上のウェブサイトや動画に広告が表示されるシステムや、広告主と制作者の仲介などデジタル広告全般に影響力を持っていると指摘。グーグルの一部サービスで、競合する広告会社にはアクセスを制限している利用者のデータを、自社サービスでは利用するなど、不公平な取り扱いがなかったかなどを集中的に調べるとしている。

 ベステアー上級副委員長は声明で、グーグルによる競争阻害に懸念を示し、「広告主がサイト上で消費者につながったり、出版社が広告スペースを売ってコンテンツの収益を生み出したりするためにも、公平な競争は重要だ」と述べた。

 EUは域内のデジタル市場で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。