同じ読み名の2人、偶然隣り合わせ 間違って3回目接種

新型コロナウイルス

吉川喬
[PR]

 岡山市は22日、高齢女性2人にそれぞれ新型コロナウイルスワクチンを3回接種するミスがあったと発表した。いずれも確認不足が原因という。22日時点で2人の健康状態に異常はないといい、経過観察中。

 1人は90代女性で、疾患の診察を受けるため22日に市内の医療機関を訪れた。市によると同じ時刻に、姓名の読み方が同じ高齢女性がワクチン接種のために来院。2人はたまたま並んで待合室に座っており、呼びに行った看護師が取り違えたという。

 医師もワクチンを接種することや接種回数の確認をしないまま予診を終えて女性に接種。その後、女性が接種を2回終えていたと申し出て、ミスが分かった。

 もう1人は市内の高齢者施設に入所する70代女性。施設の食堂で21日に2回目の接種を受けたが、補助にあたっていた施設職員が未接種だと思い込み、医師に接種を促したという。市は医師も十分な確認をしなかったとしている。

 この会場での接種が終わる頃、注射器の数が足りなくなっていることが分かり、監視カメラ映像を確認して重複接種に気付いた。職員や医師らは、接種の度に記録するという作業をしていなかったという。

 岡山市では今月2日にも、高齢者施設の利用者へ3回接種をするミスが起きており、市は「再発防止を徹底する」としている。(吉川喬)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]