五輪会場の酒類販売、見送りへ 批判的な反応相次ぎ一転

有料記事

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会組織委員会が、競技会場での酒類の提供・販売を見送る方向で検討していることが22日、大会関係者への取材でわかった。21日の記者会見では組織委の橋本聖子会長が「検討中」と説明していたが、批判的な反応が相次いでいた。

 大会関係者によると、組織委内では、時間を限定して酒類を販売したり、アルコール度数の低い飲料に限って販売したりする案が出ていたという。

 自民党の二階俊博幹事長は2…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り434文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2021年6月23日6時1分 投稿
    【視点】

    誰がどう考えても、オリンピック会場での酒類販売は、安心安全なオリンピックに逆行している。見送りは当然の結論でしょう。組織委が、この程度の判断すらちゃんとできないのは、ガバナンスが効かなくなっているのではないかと心配になる。世論の批判を受けて