【動画】「慰霊の日」戦後76年の追悼式 縮小し開催

沖縄はいま

【ノーカット動画】沖縄慰霊の日で全戦没者追悼式
[PR]

 沖縄は23日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で戦後76年の「慰霊の日」を迎えた。県平和祈念公園(糸満市摩文仁)では午前11時50分から、沖縄全戦没者追悼式が始まった。

 式典は規模を大幅に縮小し、約30人の参列にとどめた。県内の小中高校生から選ばれる「平和の詩」は今年、宮古島市立西辺中学2年の上原美春さん(13)が朗読した。

 太平洋戦争末期の沖縄戦では日米で約20万人が亡くなった。そのうち軍人・軍属を含め沖縄出身者は12万人以上が犠牲となったとされる。敵味方や国籍を問わずに戦没者の名を刻む「平和の礎(いしじ)」には今年新たに41人が追加刻銘され、計24万1632人となった。

 県は組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」と定め、追悼式を毎年開いている。

沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]