評論家・ジャーナリスト立花隆さん死去「田中角栄研究」

会員記事

 首相退陣につながった「田中角栄研究」などの調査報道や、科学の最先端に迫るノンフィクション作品で知られる評論家で、ジャーナリスト立花隆(たちばな・たかし、本名橘隆志)さんが4月30日、急性冠症候群のため死去していたことが分かった。80歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 1940年、長崎県に生まれた。64年、東大文学部仏文科を卒業後、文芸春秋社に入社。2年後に退社して、東大文学部哲学科に入り直し、在学中から文筆活動を始めた。

 74年、現職首相の金脈問題を追及する「田中角栄研究」を文芸春秋誌に発表。「政治とカネ」の問題を社会に提起し、「調査報道」の先駆的事例として知られた。後の退陣にもつながり、ジャーナリストとしての評価を確立した。その後も「中核VS革マル」「日本共産党の研究」など、綿密な取材で組織の内幕に迫る作品を手がけた。

 無類の好奇心は先端科学へも…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。