磁石×「液体のり」で白血病の治療研究も安価に 筑波大

有料会員記事

市野塊
[PR]

 白血病の治療などに使える血液のもとになる細胞を、安価な方法で、純度を高めつつ大量に増やすことにマウスで成功したと、筑波大などのチームが発表した。チームはこれまでに市販の液体のりの成分で、この細胞を大量培養できることを発見。これを発展させ、移植に適した細胞の選別も実現した。血液の細胞の研究のハードルを下げられる可能性がある。

 造血幹細胞は白血球赤血球に変わることができるが、増やすことが難しく、培養に費用も時間もかかる。現状では白血病の治療はドナーの骨髄や赤ちゃんのへその緒にある臍帯血(さいたいけつ)を使うことが多い。

 筑波大の山崎聡教授らは、2019年に液体のりの成分である「ポリビニルアルコール(PVA)」を使って、マウスの細胞の安価な培養法を発表。しかし、造血幹細胞は大量に増やせたが、移植に適さない細胞も混ざってしまい、移植後の効果が下がってしまうことが課題だった。細胞の選別には、「フローサイトメーター」という設備を使うことが多いが、数千万円と高額だ。

 そこで山崎さんらは、マウス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。