トイレもエアコンもない車内に缶詰 JRトラブルのなぜ

有料会員記事

山本孝興、小川崇
[PR]

 JR山手線など首都圏の6路線で20日夕、4時間余り運転を見合わせるトラブルがあった。乗客は電気やエアコンが消えた車内に最大3時間近く取り残され、SNSには「もっと早く降りたかった」などの声があふれた。国土交通省JR東日本に検証を指示する事態となったが、降車させるかどうかは判断が難しいのが実情で、鉄道各社は新たな「停電対策」に乗り出している。

 JR東によると、停電が起きたのは20日午後5時33分ごろ。原因は東京都渋谷区にある変電所のトラブルだ。送電用ケーブルのカバーが数センチにわたって破れ、漏電が起きた影響で送電が自動停止したという。

 最終的に復旧したのは約4時間後。山手線のほか、湘南新宿ラインや埼京線中央線など首都圏の6路線が止まり、16万人に影響が出た。山手線と湘南新宿ラインでは6本の列車が駅間で止まり、約4千人は車内で待機した。動かない車内は停電でエアコンも効かず、トイレもなかったため、乗客とみられる人らが「蒸し暑いのがつらい」「尿意と戦いが始まりそう」などとSNSでつぶやいた。中には「結局降りるのなら、もっと早くに降りたかった」という声も。

 赤羽一嘉国交相は22日の会見で、「多くの乗客が長時間、列車内で待つことを強いられたのは大変遺憾。停車中の列車から乗客の誘導が適切かつ迅速に行われたのかしっかりと検証し、再発防止策を報告するよう指示した」と述べた。

 鉄道各社が近年導入を進めているのが、2018年6月の大阪北部地震で指摘された、駅間で停電しても、最寄り駅まで自走できる走行用のバッテリーを搭載した車両だ。

 東京メトロでは銀座線40本…

この記事は有料会員記事です。残り1287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。