難航するリニア 中止訴えた株主にJR東海の答えは?

有料会員記事

今泉奏
[PR]

 JR東海の株主総会が23日、名古屋市内で開かれ、リニア中央新幹線の開業遅れについて、株主から質問が相次いだ。宇野護副社長は、20日投開票の静岡県知事選で4選した川勝平太知事が県内の工事の反対を訴え、ルート変更に言及したことに触れ、「変更はあり得ない」と述べた。

 JR東海は2027年を品川―名古屋間のリニア開業の目標としてきたが、絶望視されている。川勝氏が静岡工区(8・9キロ)の工事で河川の水量が減ることなどを理由に、県内の着工に反対してきたためだ。株主総会では川勝氏の4選により、さらなる遅れを懸念する声が集まった。

リニア中止を求める株主も

 開業時期について水野孝則取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。