アンバサダーに羽生結弦 パラリンピックゲームに初登場

榊原一生
[PR]

 パラリンピックをテーマにした国際パラリンピック委員会(IPC)公式のスマートフォン向けゲーム「ザ・ペガサス・ドリーム・ツアー」のアンバサダーに、フィギュアスケート羽生結弦(26)が就任した。制作する「JP GAMES」(東京都千代田区)が明らかにした。ゲームは24日に配信予定で、羽生はキャラクターとなって実在のパラ選手とともに登場する。

 ソーシャルゲーム好きで知られる羽生は、「ゲームを通じてパラリンピックを盛り上げたい」という制作者側の思いに賛同。アンバサダー就任と初のゲーム出演が決まった。羽生は「個人的にもゲームが大好きで、アスリートとして、パラスポーツの熱気をゲームで体感できるというのはとても楽しみです。僕もゲーム内に登場する予定なので、ペガサスシティでぜひお会いしましょう」とコメントした。

 ゲームは自身の顔画像からつくったアバター(分身)を操作し、仮想都市「ペガサスシティ」を舞台にパラ競技を体験しながら成長していくロールプレイングゲーム(RPG)。シティではキャラクターとなった羽生と出会えたり、自身のアバターと一緒に写真を撮影したりできる。

 「JP GAMES」の田畑端代表は「影響力のある羽生選手が、このペガサスの取り組みに賛同してくれたことは心強い。ゲームを楽しみながらパラリンピックを知り、理念をも感じてもらえたらうれしい」と話した。(榊原一生)