中国電力、テロ対策施設に関する機密文書を誤って廃棄

藤波優
[PR]

 中国電力が、原子力規制委員会と秘密保持契約を結んで貸与されていた原子力発電所のテロ対策施設に関する資料を、誤って廃棄していたことがわかった。規制委が23日の定例会合で明らかにした。

 規制委や中国電によると、資料は、テロ対策施設について、規制委が審査を進めるときに使うガイド。2014年10月から、島根原発で貸与された資料の管理を始めたが、15年4月に誤って資料を封筒ごとシュレッダーにかけてしまったという。中国電は、顚末(てんまつ)書を作ったが、情報漏洩(ろうえい)の恐れはなく、契約違反にはあたらないと判断し報告していなかった。

 委員会ではこの日、島根2号機が新規制基準に「適合」とする審査書案について議論していた。誤廃棄の報告を受け、審議を進めるかどうか委員5人で採決。3対2で進めることになった。規制委は、資料の管理状況や詳しい経緯を調べるという。藤波優