米国「前向きな反応を期待」 北朝鮮に対話呼びかけ

会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 北朝鮮が米バイデン政権に向けて出した警告の談話をめぐり、米国務省のプライス報道官は22日の記者会見で、「外交に対する我々の考え方は変わっていない」と述べた。北朝鮮との非核化交渉を引き続き目指し、外交的解決を図っていく考えを強調した。

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の実妹、金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長は22日、バイデン政権に「誤った期待はさらに自らを大きな失望に陥れることになる」という談話を発表した。プライス氏は、「我々は核計画の脅威に対処するため、北朝鮮との交渉を行う準備は引き続き整えている」と応じた。

 また、プライス氏はソン・キム北朝鮮担当特別代表の「前提条件なしにいつでも、どこでも会う用意がある」という発言を紹介し、「北朝鮮が前向きな反応を示すことを期待している」と語った。

 バイデン政権は、北朝鮮の段…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。