プラダやアルマーニ躍動 ミラノ・メンズ新作は爽やか 

写真・図版
プラダ
[PR]

 2022年春夏シーズンのミラノ・メンズコレクションが22日まで開催された。コロナ禍が長引くなか前回に引き続きデジタルでの発表が多かったが、招待客を絞るなど対策を講じたうえでのリアルなショーも開催された。傾向としては、実績のあるブランドがそれぞれの持ち味を前面に出した新作発表の場になった。

ファッション特集のページはこちら

各ブランドのファッション・ショーの動画もご覧になれます。

ショートパンツの丈は短く

 プラダはミウッチャ・プラダに加えて実力派デザイナーのラフ・シモンズが参加後2シーズン目。キーアイテムは色違いで数多く登場したハットだ。正面からは見えないが、後部はプラダの逆三角形マークが入り、つばが長い。

 ハットとショートパンツを合わせた中性的な装いだ。ここ数年で男性のショートパンツ姿は一般社会でも珍しくなくなったが、モードの世界では丈が更に短くなっている。

 様々な生地でショートパンツルックを披露したのはフェンディも同じ。ここまで丈の短いパンツが世の男性たちにどこまで浸透するのか興味深い。動画はブランドの本拠地ローマで撮影。デザイナーは「ローマのやわらかな色彩が美しく、それを今回のコレクションの焦点にした」。

写真・図版
フェンディ

リアルなショーも開催

 約1年4カ月ぶりに観客を招いたリアルなショーを開催したジョルジオ・アルマーニには、軽快感が漂う。草木柄プリントのセットアップは、ひと目でデザイン性と生地の質の高さが伝わる。80年代にソフトスーツで男性服に革命をもたらした“モードの帝王”ならではの作風だ。

写真・図版
ジョルジオ・アルマーニ

 ドルチェ&ガッバーナもリア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。