「ファスト映画」投稿の疑いで逮捕 宮城県警、全国で初

[PR]

 映画の映像を無断で短く編集した「ファスト映画」をネット上に投稿したとして、宮城県警は23日、札幌市の20代の男ら3人を著作権法違反の疑いで逮捕した。県警への取材でわかった。県警によると、ファスト映画をめぐって同法違反容疑で逮捕したのは全国初という。

 県警によると、札幌市の男ら3人は共謀の上、1本の映画を10分ほどに編集し、ナレーションなどを加えて動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿した疑いがある。県警の捜査員が昨年7月、サイバーパトロール中にユーチューブに投稿されているファスト映画を発見し、捜査していた。これまでに少なくとも5本が確認されたという。

 県警は、3人が動画投稿によって広告収入を得ていたとみて調べている。