五輪スポンサー、観客制限で明暗 受け止めには温度差

有料会員記事

森田岳穂、田中奏子
[PR]

 来月23日開幕の東京五輪まであと1カ月。観客が上限1万人と決まったことで、大会を支えるスポンサー企業にはどんな影響が出るのか。関西からはパナソニックアシックスなどが名を連ねるが、受け止めには温度差があるようだ。

 スポンサーは四つのランクに分かれている。契約料は非公表だが、年数にもよって数十億~1千億円超にのぼるといわれる。大会マークを自社の宣伝に使えるほか、会場で使う機器や商品などを納入でき、世界に向けてPRできる。

 パナソニックは、米コカ・コーラ、トヨタ自動車などと並んで最上位スポンサー「ワールドワイドパートナー」の契約を結ぶ。多くの電子機器を納入できる利点が大きく、観客の数が減っても「業績に影響はほとんどないだろう」(関係者)という。

 メイン会場の新国立競技場に…

この記事は有料会員記事です。残り741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。